Dive Into The World

話題のニュースがどんな意味を持つのかを分かりやすく解説。普通の人たちと専門家をつなげるようなブログを目指します。

森永卓郎氏が斬る!平成の衰退の原因とは何か?

モリタクこと森永卓郎。61歳。 その一風変わった言動や風貌から「オタク評論家」的な立場でメディアに出ることが多いですが、さすがに昔の経済産業省の官僚だっただけあって、経済評論に関してはやはり相当キレキレです。 そんな森永卓郎氏が平成最後の年と…

移民問題について考える時に知っておくべきこと

昨年の国会で移民受け入れを拡大するための法律「出入国管理法改正案」が可決されました。その時の国会審議もそうですし、その後のメディアに出てくる議論の多くが 「外国人労働者(=移民)の受け入れ体制が整っていない」 ということを問題視するものです。し…

厚労省不正統計。原因と目的に潜む闇が次々と明るみに。

最近にわかに注目を集めている、厚労省の賃金統計の不正問題。 一言に「賃金統計不正問題」ということになっていますが、これは実は2つの大きな問題に分かれています。 全数検査するはずが抜き取り検査しかしてませんでしたww問題 1つは以前にもこのブログ…

フランスの学校では両親を「パパ、ママ」と呼ぶのは違法になった

なぜか日本には「フランス」「パリ」と言うと、それだけで「オシャレ」「自由」「先進的」というイメージがあります。 しかし、最近は町中でテロが起こったり、黄色いベスト運動というデモが起こったり、有名な凱旋門の通りでは浮浪者が群れをなしていたりと…

自由を主張する人達に規律の大切さを分かってもらうには?

さて、先日の投稿でも書きましたが、今NHKの100分de名著という番組で、20世紀のスペインの哲学者、オルテガ・イ・ガセットの「大衆の反逆」という本が取り上げられています。 20世紀前半に書かれた本ですが、現在の日本や世界の情勢にも通じる部分が非常に多…

消費増税が国民を貧困化させるという決定的データが出た

先日とあるニュース番組を見ていたところ、今開かれている国会で共産党の志位氏が安倍政権の”実績”の嘘を暴く決定的なグラフを提出していました。 2014年の消費増税で国民は年間25万円も貧乏になった 共産党が国会で提出したデータによると、2人以上の世帯の…

学者の無責任な言論がデフレ脱却を妨げている

いきなりですが、質問です。 「貸し切り」と「貸し切り状態」。 似たような言葉ですが、この2つの言葉は何が違うでしょうか? 「貸し切り」というのは、文字通り居酒屋などのお店で特定のグループを貸し切って、他のお客さんは店内に入れない状態です。 一方…

EUはそろそろ「ブレグジット後」を考えるべき

先週EUのトゥスク大統領がこのような発言をしたことが、海外メディアで物議を醸しているそうです。 その発言とは 「ブレグジット(イギリスの欧州連合離脱)をどのように安全に進めるか、実施方法を何も計画をせずに推進した人たち」には「地獄に特等席が用…

なぜキャッシュレス化を進めるのか。その思惑とは?

昨日NHKのニュース番組で、日本のキャッシュレス化の現状と今後の展望を語るコーナーがありました。昨年辺りからよく週刊誌やビジネス誌でも取り上げられるこの「キャッシュレス化」ですが、「消費増税分をポイント還元します!」などと言って日本政府自身が…

100分de名著でオルテガの「大衆の反逆」を読み返し!

普段テレビ番組をあまり観ない私ですが、ちょこちょこ観ている番組があります。それがNHKの100分de名著という番組です。 100分de名著とは? その名の通り歴史に残る名著を100分で解説する番組です。 25分番組を4回に分けて放送。週一回放送なので丁度1ヶ月で…